アルコール消毒と手洗いで手荒れが心配!手のケアを丁寧に!

手入れ

新型コロナウイルスの感染予防でアルコール消毒液や除菌剤をあちこちでみかけますね。

最近、手洗いばかりしていて手が乾燥ぎみのうえに店頭でのアルコール消毒でまたまた手荒れがすすんでしまっています。

ウイルスは人の手を介して感染していくので、手洗いや消毒で手を清潔に保つことは大切だとは思うものの手荒れが心配です。アルコール消毒は新型コロナウイルス感染予防に必要なのでしょうか?

手荒れを気にせずアルコール消毒を頻繁にするほうがいいのでしょうか?

手荒れ予防のための手のケア、ハンドクリームの塗り方についても紹介します。

アルコール消毒はいつする?

健康を脅かす細菌とウイルス、どちらも感染症を引き起こす微生物ですよね。

その違いは細胞を持っている細菌に対して、ウィルスには細胞がなく、動植物の細胞に入り込んで増えていきます。

手についた細菌やウィルスは同じように取り除けるのでしょうか?

アルコール除菌剤という名前のものが店頭に置かれていますよね。

コロナウイルスは細菌ではないのにアルコール除菌が有効なの?と疑問がわきました。

が、アルコールには細菌だけでなくウィルスを取り除く効き目があるのでコロナウィルス感染予防にも有効なのです。

店頭などでアルコールを置いている場合は、入る前と出るときの両方消毒して効果を高めるのがよいそうです。

アルコール消毒で手についたウィルスを店内に持ち込まないために店に入る前に消毒する。

また店内でウィルスに触れているかもしれないので手洗いの代わりに店を出る前にアルコール消毒を指先まですりこんで感染予防に役立てましょう。

手荒れが心配ですがアルコール消毒で感染予防できるなら消毒しないわけにはいきません。できればハンドクリームを塗ってから消毒すればダメージは少ないと皮膚科の先生に言われました。

手洗いの代用としてアルコール消毒をするわけなので、念入りな手洗いかアルコール消毒のどちらかでよいのです。

手洗いのあとにもハンドクリームを塗って保湿することがいちばんいいみたいですよ。

「除菌」「殺菌」「抗菌」「滅菌」どう違うの?

除菌は文字通り菌を除去する(減らす)ことです。

私たちが毎日している手洗いや食器などを洗うことも菌を減らせれば除菌していることになります。

ハンドソープや洗剤、漂白剤、ウェットティッシュやマスクなどに除菌成分が含まれたものがありますね。

除菌成分が含まれているものは、コロナウィルス感染予防に有効です。

殺菌は文字通り菌を殺すことです。

「殺菌」と表示できるのは、消毒剤などの「医薬品」や、薬用石けんなどの「医薬部外品」だけです。

例えば食器用洗剤に殺菌効果があったとしても「殺菌」という表示は使えません。

抗菌は、菌の増殖を抑えることです。

最近はさまざまな商品に抗菌加工がされています。細菌を除去したり殺したりする効果はなく、あらかじめ菌が住みにくい環境を作るのです。

本当に抗菌作用があるのか疑わしいと思うこともありますよね。

ただ、これも対象となる菌や、菌の量、範囲などの詳細な定義はありません。

JIS(日本工業規格)では、抗菌加工されていない製品の表面と比較して細菌の数が100分の1以下である場合、その製品に抗菌効果があると認めています。

滅菌は、すべての菌や微生物ウイルスを除去することです。滅菌の定義は菌や微生物ウイルスなどの残量が100万分の1になると滅菌と認められます。

電磁波や放射線を使って滅菌処理するのをよく耳にします。

菌に対する強さを表すと、抗菌<除菌<殺菌<滅菌となり、滅菌処理されていると安心ですね。

消毒とは

消毒とは、病原性のある微生物を害のない程度にまで除去することです。

お医者さんは、注射する前に必ずアルコール消毒してから注射針を刺しますよね。

皮膚の表面の微生物を取り除くために消毒しているのです。

店頭にあるアルコール消毒液も手の表面の微生物を取り除いてくれます。

殺菌は細菌を死滅させてしまうことですが、消毒は必ずしも細菌を死滅させていなくてもいいのです。

病原体の感染力を弱めることも消毒といえます。病原体を危険ではない程度まで遠ざけることも消毒といえます。

消毒薬で消毒するほかにも煮沸消毒や日光消毒、紫外線消毒などはよく聞く消毒方法ですね。

アルコール消毒の手荒れ予防

店頭にあるアルコール消毒液はとても役に立つというのはわかるのですがやっぱり手荒れが心配になります。

アルコール消毒は、コロナウイルスを死滅させるのに有効だといっても消毒作用に加えて脱脂作用や脱水作用もあるので頻繁に使用すると皮膚の皮脂と水分の両方が奪われてしまいます。

毎日、何回も手洗いやアルコール消毒を続けているとカサカサになってきますよね。

普段から水仕事の後や、手洗いのたびにハンドクリームを塗りたいものの、すぐに手洗いすることになるのでハンドクリームもたびたび塗ってられません。なので、せめて寝る前にはハンドクリームをたっぷり塗るようにしましょう。

顔のケアと同じように、手にも化粧水を塗ったあとにハンドクリームを塗ると保湿力が高まりますよ。

特にアルコール消毒や手洗いで乾燥している手荒れ予防にはたっぷり塗ってケアしましょう。

チューブタイプのハンドクリームなら3cmは必要です。両手で軽く温めるようにすりあわせ、まず手の平全体にのばします。次に手の甲になじませ、手首にものばしたあと、最後は指の付け根から指先まで1本ずつ塗ります。

手の甲から塗る人も少なくないですが、手の平で温めてから塗ったほうがのびが良く、浸透しやすくなります。

寝ている間に、保湿力を取り戻した分だけ次の日のアルコール消毒にも耐えられるしっとりとした手になりたいですね。

アルコール消毒による手荒れ・手のケアのまとめ

ウイルスは人の手を介して感染していくので、手洗いや消毒で手を清潔に保つことは大切ですね。

除菌スプレーやアルコール消毒は手洗いとともに、コロナウイルス感染予防にとても役立っています。

店頭にアルコール消毒剤があれば是非、手洗いと同様に指にもしっかりすりこみましょう。

皆が消毒すれば感染リスクも減ることになりますよね。

一方で、手荒れが心配ですが、当分の間は手洗いやアルコール消毒にも耐えられるようハンドクリームで手のケアを丁寧にしながら手荒れ予防につとめましょう。

 

コメント