マスクによる肌荒れの原因と対策とは!

手入れ

感染予防や花粉症予防でマスクの着用によって肌荒れで困っていませんか?

快適に着用するためには肌荒れ対策が必要です。

マスクによる肌荒れを防ぐ方法について紹介します。

マスクが原因でどんな症状が出る?

長時間マスクをつけていると次のような症状が現れることがありますよね。

・口周りやほっぺがかゆい

・ニキビがふえた

・化粧水がしみる

・顔が赤くなる

など、マスクは顔を覆っているのでお肌が潤うのかと思いきや、お肌のトラブルの原因になることがあります。

原因をみていきましょう。

マスクでなぜ肌荒れになるの?

マスクと肌とのまさつが肌荒れになる!

マスクと肌との「まさつ」は肌荒れの原因となります。マスクのサイズが顔の大きさに合っていないと覆われている肌とマスクの繊維とがこすれます。その刺激によって、肌が荒れることがあるのです。

不織布のマスクは接着するのに樹脂が使われているのでガーゼ素材のほうが不織布マスクよりも肌にやさしいですが、肌触りの良いもので顔にフィットするマスクをつけましょう。

マスク内側の蒸れが肌荒れになる!

マスクによっておこる肌荒れの原因にはマスク内側の蒸れが大きく関係しています。

マスクの内側は呼吸によって湿度も温度も高くなっており、常に蒸れています。

口の中には雑菌がすみついているので呼吸と同時に雑菌もマスク内に出されます。

マスク内が臭う原因は雑菌です。

また、くしゃみや咳、話すときに飛んだ唾液にも雑菌が含まれています。

マスクの内側は呼吸によって湿度も温度も高いので雑菌だらけの状態となっているのです。

その結果、肌荒れやニキビを起こす原因となることがあります。

マスクを外したとき肌荒れになる!

マスクを外したときにマスク内の水分が蒸発すると同時にお肌の水分が一緒に抜けてしまい肌荒れの原因になることがあります。

マスクをつけている間はマスクの内側は湿度が高くなっています。汗ばむこともありますよね。

マスクを外すと、外気の湿度が低いために急激に皮膚の水分も蒸発してしまいます。

蒸発と同時に乾燥が進み、肌荒れを招いてしまいます。

マスクによる肌荒れ対策

感染予防や花粉症対策で肌荒れがあってもマスクは欠かせないものになってきました。

なるべく肌荒れを軽減できる方法をみていきましょう。

サイズの合ったマスクをつける!

肌荒れ予防には、サイズの合ったマスクをつけましょう。着用するマスクが大きすぎてブカブカだったり小さすぎて食い込んでいたりすると、まさつを起こしてお肌に刺激を与えてしまうからです。

マスクとお肌とがこすれると、かぶれたり赤みが起きたりと肌荒れにつながります。

自分に合ったサイズかどうかやマスクの紐がフィットしているかどうかも、重要なポイントです。

紐が太めでマスクが動きにくいものを選びましょう。

マスク内側にガーゼを挟む!

マスクの内側にマスクと同じくらいのサイズのガーゼを挟むのも肌荒れ防止に効果的です。

呼吸によって出た水分をガーゼに吸い取らせ、マスク内側の湿度を下げて蒸れにくくします。

ウイルス対策で使う不織布マスクは蒸れやすいのでガーゼを挟んで水分を吸収させる方法は効果的です。

マスク内側のガーゼが肌とマスクのまさつも防ぐので、まさつ肌荒れの防止にもなります。

挟んでいるガーゼが湿ってきたら交換するガーゼを準備しておき、肌荒れを防いで快適に過ごしましょう。

マスクの素材にも注意!

 

不織布マスクよりもガーゼ素材のマスクのほうが肌に優しく、肌荒れを起こしにくい傾向があります。

織布のマスクは接着するのに樹脂が使われていることが多いので敏感肌には肌に優しいガーゼ素材のマスクがいいですね。

シルク配合の不織布マスクや敏感肌用の不織布マスクなど、肌に優しい素材で作られた不織布マスクもあります。

ニキビが増えてきたり、肌の調子が悪いと感じたときだけでも肌に優しい素材のマスクをつけましょう。

ユニクロの機能性肌着エアリズムの素材を使った布製マスクが商品化されると蒸れにくくいいと思います。

マスク内の換気が必要!

長時間マスクをつけるなら定期的にはずして換気する必要があります。

マスク内側の湿度を下げたり食後にはかならず歯磨きをして衛生的に過ごしましょう。

ニキビの部分は清潔なハンカチなどで汗をこまめに拭き取ってあげましょう。

マスクを1日中つけるなら午前と午後で取り換えるのが理想的です。何度も洗って使用できる素材のマスクを数枚準備しておくと常に清潔に過ごせて経済的ですね。

マスクをはずした後の肌を保湿することも、肌荒れ予防に効果的です。

荒れた肌のスキンケアのしかた

 

マスクをつけて肌荒れしている場合のスキンケアは、手早く、優しく、シンプルに!が基本です。

まさつでダメージを受けた肌なので洗顔のときは、なるべくこすらないように手早く泡だけを移動させて洗顔します。

化粧水などは低刺激の物を使い、優しくおさえるようになじませます。

たっぷり優しく保湿して肌への負担を減らすのも、肌荒れ防止になります。

普段は大丈夫な化粧品でも刺激を感じるときは使わずにシンプルにケアしましょう。

メイクも肌に負担をかけるので、肌の負担を減らすためにもなるべく薄めのシンプルメイクにしましょう。

マスクによる肌荒れの原因と対策 まとめ

ウィルス感染予防や花粉症対策などでマスクが欠かせない昨今です。

マスクによる肌荒れが起きてもマスクをつけないわけにはいきません。

マスクをつけても快適に過ごすためには、素材やサイズ選びに気をつけて、長時間使用しないことです。

マスクをはずしたあとのスキンケアは、手早く優しくシンプルに!を基本に保湿をしっかり行いましょう。

 

コメント